刺青「彫あい」日本伝統刺青は新宿にある和彫りや水滸伝など伝統的な図案を手がける彫り師です。

刺青作品「騎獅文殊菩薩」|刺青「彫あい」日本伝統刺青

騎獅文殊菩薩

釈迦が入滅したその後にインドで生まれた実在の人物ともいわれ、 普賢菩薩と共に釈迦三尊として「釈迦」の脇侍となることもある。 文殊菩薩は諸仏の知恵を司る菩薩であり、文殊とは妙徳や知恵という意味。 日本伝統刺青で一般によく使われている像容は、唐獅子の背の蓮華座に乗り、 頭は五髻(五つの髻)を結い、右手に知恵の象徴である剣を持つ姿である。